いわて さんりく観光情報

市町村別新着情報一覧

うみねこ

復興、そして復幸へ。食と笑顔の「いわて・南三陸」特集

大船渡周辺
三陸鉄道南リアス線・恋し浜駅三陸鉄道南リアス線・吉浜駅周辺碁石海岸レストハウス世界の椿館・碁石廣洋館

2
【大船渡周辺のムービー】

三陸鉄道南リアス線・恋し浜駅

三陸鉄道南リアス線「恋し浜駅」は、小石浜地区の養殖ホタテのブランド「恋し浜ホタテ」にちなんで2009年に改称。待合室にはホタテの貝殻に恋の願い事を書いたホタテの絵馬が吊るされるようになり、駅名と相まって恋愛のパワースポットとして、全国から脚光を浴びていました。駅は、小石浜漁港を見降ろす高台にあるため津波被害は逃れましたが鉄道は不通になってしまい、ホタテの養殖場も壊滅的な被害を受けました。

所在地:大船渡市三陸町綾里字小石浜 三陸鉄道南リアス線
アクセス:東北自動車道一関ICから車で約2時間
電話:0192-27-9669 (三陸鉄道南リアス線運行部)
ホームページを見る

そんな中、震災後にも駅の待合室に復興を願うものや支援に感謝する絵馬がたくさん吊るされるようになりました。ホタテの貝殻が入手困難になってからは折り紙で折ったホタテを用意。色とりどりの折り紙ホタテもたくさんあります。

三陸鉄道南リアス線・恋し浜駅
三陸鉄道南リアス線・恋し浜駅

たくさんの方々に愛され、支援の声に励まされている「恋し浜駅」。ホームにある「幸せの鐘」がたくさん鳴り響き、賑やかさを取り戻せるよう、三陸鉄道は2014年4月全線復旧を目指し一丸となって取り組んでいます。

三陸鉄道南リアス線・吉浜駅周辺

三陸鉄道南リアス線・吉浜駅周辺

三陸町吉浜地区は昭和8年(1933年)の震災後、集落を高台に移転しており、2011年3月11日の津波から大きな被害を免れた集落。この地区を流れる吉浜川河口付近で「津波記念」と彫られた大きな「津波石」が発見されました。この石を見つけたのは近くに住む木沢さんら80代、70代、60代の方々。昭和8年の震災で打ち上げられた石を津波記念碑としていたものです。1970年代に道路工事により埋没したとみられるこの石が奇しくも2011年の大津波で決壊した市道法面から現れたのです。幼い頃、石の上で遊んだ記憶もあるという木沢さんたちは、縦3.7m、横3.1m、高さ2.1mもの大きな石をも打ち上げる津波の威力、破壊力を後世に伝えるべく石の保存を呼びかけています。

所在地:大船渡市三陸町吉浜 三陸鉄道南リアス線
アクセス:東北自動車道一関ICから車で約2時間
電話:0192-27-9669 (三陸鉄道南リアス線運行部)
ホームページを見る

三陸鉄道南リアス線・吉浜駅周辺 三陸鉄道南リアス線・吉浜駅周辺

発見当時の様子を語る木沢さん。津波の体験を語り継ぐことで、命を、町を守るための一助になればと願っています。

石には刻まれた「津波記念石」という文字が…。

三陸鉄道南リアス線・吉浜駅周辺

また、三陸鉄道南リアス線 吉浜駅には、震災発生時にトンネル内にとどまり難を逃れた車両が再び走る日を目指し待機中です。この車両は、釜石市と大船渡市の境にある鍬台トンネル走行中に震災に遭い、運転士、乗客とも無事だったもののトンネルから先のレールがゆがみ走行不可に。約3ヶ月間トンネル内に止まったままとなっていたのをレール補修後に吉浜駅まで移動したものです。
南リアス線でただひとつ残ったこの車両は「奇跡の車両」と呼ばれています。

碁石海岸レストハウス

碁石海岸レストハウス

碁石海岸レストハウスは1階が地元特産品、銘菓などのおみやげ品売り場、2階がレストランとなっています。東日本大震災の津波による被害はなかったものの震災後の混乱により一時休業、4月20日より営業を再開しました。

所在地:大船渡市末崎町字大浜221-68
アクセス:東北自動車道一関ICから車で約1時間30分
電話:0192-29-2121
営業時間:9:00~18:00 無休
ホームページを見る

碁石海岸レストハウス

「いかせんべい」は、碁石海岸レストハウス店内のせんべい工房で製造・販売している自慢の銘菓。このほかいかすみせんべい、特産の昆布を加工したおつまみ昆布などが人気です。

碁石海岸レストハウス

社長の小川さん(左から2人目)、スタッフの皆さんと手をつないで、うにっちもハイ、チーズ!

2階レストランは、100席ほどもある広い店内。現在、「がんばっぺ!!けせん!」復興特別メニューを提供中。今回いただいたのは大船渡特産のサンマを使ったさんまラーメン。さんまらーめんは大船渡市内の10店舗でそれぞれオリジナルのさんまを使ったラーメンを共通の650円で提供するという新しいご当地グルメ。だしに使ったり、すり身入りや甘露煮を入れたものなど各店工夫を凝らしたラーメンを考案。

碁石海岸レストハウス

碁石海岸レストハウスでは、シンプルな醤油ラーメンにサンマのみりん干しをど〜んと乗せてボリュームたっぷりに仕上げました。みりん干しはラーメンに合わせて味を工夫しているそうです。サンマを崩しながら食べるとサンマの味が溶け出し濃厚なおいしさに。たっぷりの白髪ネギで後味さっぱり。ぜひお試しください。
※さんまらーめん提供店は震災により休業しているところもあります。事前にご確認ください。(大船渡市観光物産協会 0191-21-1922)

世界の椿館・碁石

世界の椿館・碁石

世界13ヵ国600種700本の椿を展示している「世界の椿館・碁石」は、震災の影響により一時休館していましたが、2011年7月26日から営業を再開しました。椿のシーズンは、1月下旬から3月下旬頃。今年も2月12日(日)より「さんりく・大船渡第15回つばきまつり」を開催中です。大船渡にいち早く春の訪れを告げてくれる椿館の椿たちをぜひご覧ください。

所在地:大船渡市末崎町字大浜280-1
アクセス:東北自動車道一関ICから車で約1時間30分
電話:0192-29-4187
営業時間:9:00〜17:00
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)/年末年始12/29~1/3
イベント:三陸・大船渡第15回つばきまつり 2/12~4/15(2/12~3/18まで毎日開館)
ホームページを見る

世界の椿館・碁石
世界の椿館・碁石 世界の椿館・碁石 世界の椿館・碁石

椿館、レストハウス周辺の散策もおすすめです。

廣洋館

廣洋館

宿からの眺めと三陸の旬の素材を使った料理が自慢の宿「廣洋館」。高台にあるため津波被害はなかったものの震災後の長引く停電などにより休業、2011年8月8日に営業を再開しました。震災後、全国のたくさんの方からメッセージをいただき再開への励みになりました。現在は、復興関係者の方々が長期宿泊されており、オーナーは早朝からロビーに立ちお声掛けし、お客さまの体調を気遣っています。地域とともに復興を目指す廣洋館の皆さんは、旬の料理でのおもてなし、日の出を望むことのできる部屋でくつろいでいただける日を早く実現できるよう力を注いでいます。

所在地:大船渡市三陸町綾里字白浜95
アクセス:東北自動車道一関ICから車で約1時間30分
電話:0192-42-2650
ホームページを見る

廣洋館

オーディオが趣味というオーナーの熊谷さん。ロビーには、こだわりのオーディオシステムが備えられ、心地いいJAZZが流れています。

stay
復興かき小屋

※掲載の内容は、2011年12月7日、8日のものです。

スポット紹介 | 山田・大槌・釜石周辺 | 大船渡周辺 | 陸前高田・住田周辺