いわて さんりく観光情報

市町村別新着情報一覧

うみねこ

いわて三陸ジオサイトと周辺観光スポット

いわて三陸ジオサイトについて閉じる

ジオ(geo)とは「地球」や「地理・地質・大地」などを表す言葉のことです。そして、ジオパークとは、地形・地質・人の暮らしを含めてジオに親しみ、学ぶ場所のこと。2012年9月現在、日本には25地域の日本ジオパークが日本ジオパーク委員会によって認定されています。三陸ジオパーク推進協議会では、従来の観光に地質学や地理学を加え、動植物や人との関わりを学び、楽しむ「ジオツーリズム(ジオ旅)」の推進や様々な研究を通じて「三陸ジオパーク」認定を目指しています。
美しい景色に隠れた地球の活動をジオ旅で再発見してみませんか。
オフィシャルサイト: 三陸ジオパーク推進協議会

久慈琥珀博物館・琥珀採掘体験(久慈市)

久慈の琥珀は、中生代白亜紀後期(約8,500万年前)頃のもので世界で最も古い年代のものだそうです。琥珀の博物館があるのも、国内では唯一。たくさんの展示資料から琥珀について詳しく学ぶことができるほか、様々な体験プログラムや琥珀製品の売店もありレストランも隣接しています。

●所在地 久慈市小久慈町19-156-133
●アクセス 八戸自動車道九戸ICから車で約1時間
●お問い合わせ 0194-59-3831
●ホームページ 久慈琥珀博物館

今回は、久慈市ジオパーク推進室の佐々木さんの案内で博物館から車で5分程の採掘場へ移動し、琥珀採掘を体験しました。
まず、博物館スタッフの櫻庭さんから琥珀について簡単な説明をしていただきました。アクセサリーとして見かける琥珀は、鉱物や動物系とは違い、珍しい植物系の宝石。特に虫入りは何千万年前の生物が取り込まれた研究用としてもとても貴重なものなのだそうです。
次に採掘方法を教えていただき、早速、白亜紀の地層をアイスピックやシャベルを使ってこつこつ探してみました。体験で採掘した琥珀は持ち帰りできるとのこと!がんばったものの残念ながらこの日は見つけることができず終了。ですが、参加の記念に1cmほどの琥珀をおみやげにいただきました!

続いて案内していただいたのは、琥珀採掘坑道跡。江戸時代は採掘が盛んに行われ、南部藩の貴重な財源になっていたとのこと。当時は、「くんのこ(薫陸香)」と呼ばれ、細工物のほか、お香や線香、塗料、医薬品などに用いられていたそうです。また、戦時中は軍事物資として大量に採掘されたのだそうです。今ではアクセサリーなどでしか見られない貴重な琥珀ですが、かつては線香やお香に使われていたというのは驚きです。どんな香りだったのでしょう。
採掘体験できるのは、ここ久慈が日本で唯一。ぜひ、チャレンジしてみてください。

もぐらんぴあ まちなか水族館(久慈市)

東日本大震災により壊滅的な被害を受けた地下水族館「もぐらんぴあ」は、2011年8月5日より久慈駅前に移転し、「まちなか水族館」として再オープンしました。
東京海洋大学客員准教授「さかなクン」が応援団長としてかけつけてくれ、館内には「さかなクン」から贈られた魚やイラストがたくさん展示されています。また、「もぐらんぴあ」で被災しつつも生き延びたカメやカブトガニも元気な姿を見せてくれています。
水槽をゆらり浮遊するクラゲや、愛らしい顔のハコフグなど、規模は大きくないものの心温まる水族館でした。

●所在地 久慈市中央2-9(旧中村家具店)
●アクセス 八戸自動車道九戸ICから車で約50分/久慈駅から徒歩3分
●お問い合わせ 0194-53-9600
●営業時間 (4月〜10月)9:00〜18:00/(11月〜3月)10:00〜17:00
●休館日 毎週月曜(祝日の場合は翌日)12月31日、1月1日
●入館料 無料※但し、体験コーナーの一部有料
●ホームページ 久慈市 もぐらんぴあ まちなか水族館

道の駅くじ やませ土風館(久慈市)

久慈の観光の拠点「やませ土風館」は、観光案内はもちろん、レストランや特産品販売、久慈地方の観光情報発信を行っています。
産食体験館「山海里」では、地元食材を使用し、工夫を凝らしたメニューで評判を呼んでいます。道の駅では珍しく街中にあり、地元久慈市民にも人気の施設です。
土の館2階にある「昭和の想い出博物館 レトロ館」では、懐かしい昭和の街並が再現され、館長の集めたコレクションが所狭しと展示されています。レンタルの着物を着て、記念撮影もできますよ。

●所在地 久慈市中町2丁目5-6
●アクセス 八戸自動車道九戸ICから車で約50分/久慈駅から徒歩10分
●お問い合わせ 0194-66-9200(風の館)
●利用時間 ■風の館/観光交流センター 9:00~19:00(一部を除く) ■土の館/地場特産品 9:00~19:00(10月~3月は18:00まで) ■産食体験館/山海里 11:00~19:00
●レトロ館 開館時間9:00~19:00(入館は18:00まで)※10~3月は18:00まで。
●ホームページ 道の駅くじ やませ土風館

うにっちの旅メモ

田野畑村から久慈市へ向かう国道45号線沿い(久慈市宇部町)で見つけた風景。個人のお宅のものだそうですが、見学は自由とのこと。いちいの木(この地域ではおんこと呼ぶそうです)がいろんな形にカットされています。魔法のランプやカメ、帽子などが見えますね。
映画「シザーハンズ」のワンシーンのようでした。

●お問い合わせ 野田村観光協会 0194-78-2012
●詳細 地図など詳細は野田村通信ブログより

旅のコースに戻る