いわて さんりく観光情報

市町村別新着情報一覧

うみねこ

いわて三陸ジオサイトと周辺観光スポット

いわて三陸ジオサイトについて閉じる

ジオ(geo)とは「地球」や「地理・地質・大地」などを表す言葉のことです。そして、ジオパークとは、地形・地質・人の暮らしを含めてジオに親しみ、学ぶ場所のこと。2012年9月現在、日本には25地域の日本ジオパークが日本ジオパーク委員会によって認定されています。三陸ジオパーク推進協議会では、従来の観光に地質学や地理学を加え、動植物や人との関わりを学び、楽しむ「ジオツーリズム(ジオ旅)」の推進や様々な研究を通じて「三陸ジオパーク」認定を目指しています。
美しい景色に隠れた地球の活動をジオ旅で再発見してみませんか。
オフィシャルサイト: 三陸ジオパーク推進協議会

岩泉観光ガイド協会/ガイド 三浦さん

岩泉では、岩泉観光ガイド協会の三浦さんがガイドしてくれました。
日本で初めて恐竜の骨が見つかったことで知られる小本。この地域も震災による津波被害を受けました。小本地域振興協議会では、被災地を案内し語り継ぐことで津波防災に役立てていただこうとツアーの受け入れを始めたそうです。
また、モシ竜の化石が発見された地層や名所も案内していただけます。

●お問い合わせ 0194-28-2111(小本地域振興協議会)
●利用時間 営業は4月~10月(11~3月は応相談)
●最小人数 5名様より(5名様以下応相談)
●料金 ガイド料500円
●所要時間 約1時間
●ホームページ 岩泉町 被災地ガイド

モシ竜ロマン・クルーズ/被災地ガイド(岩泉町)

小本湾周辺の被害の様子を説明していただき、今度は船上から視察できる「モシ竜ロマン・クルーズ」を体験。地元漁師さんの漁船で小本漁港を出発し小本湾を周遊する約1時間のクルーズ。小本湾の断崖や三陸屈指の名所、熊の鼻や雄カブラ雌カブラの岩を海から眺めることができる充実の乗船体験です。

●所在地 下閉伊郡岩泉町小本字南中野288番地1 岩泉町役場小本支所内
●アクセス 東北自動車道盛岡ICから車で約3時間
●お問い合わせ 0194-28-2111(小本地域振興協議会)
●利用時間 営業は4月~10月(11~3月は応相談)/乗船時間は予約時に応相談
●入場料金 1人2,500円(大人・子ども同じ)2名より ※1名で貸切の場合は5,000円
●乗船時間 約1時間
●ホームページ 岩泉町 モシ竜ロマン・クルーズ

アンモナイト・モシ竜化石発見の地/被災地ガイド(岩泉町)

続いてガイドさんに岩泉町小本で発見されたアンモナイトの化石を見せていただくことに。持ち主のお宅へ訪問し、実際に手に持ってみることができました。ずっしりと重く、地球の歴史、生命の不思議を感じました。この化石は、約6,500万年前のもので、地元の方が化石の島と言われる大島へ釣りに行った際に岩間で発見したと伝え聞いているそうです。

※持ち主は一般のお宅のため、通常のガイドツアーではご覧いただけませんが、事前にご相談いただくと見学できる場合もあります。
●事前相談先 小本地域振興協議会 0194-28-2111

最後に向かったのは、1978年、日本で初めて恐竜の骨が見つかった場所、岩泉町茂師。モシ竜という名は、この地名からつけられました。発見されたのは腕の一部のため全身の姿は分かっていませんが、研究の結果「マメンキサウルス」という恐竜にちかい仲間であることがわかったそうです。
岩手県立博物館には、「マメンキサウルス」の全身骨格とモシ竜の化石のレプリカが展示されています。

●ホームページ 岩手県立博物館

旅のコースに戻る